池上銘について


池上銘

竹の構造を最大限に生かし、一本一本の特徴を見極めながら厳密に製管します。一貫して芯を捕らえた心地よい抵抗感があり、濃密で有機的な倍音を生み出します。

九州産使用

楽器の善し悪しを大きく左右する竹材は、適した自生環境の竹林から、厳しい条件をクリアした数少ない良質な真竹だけを丁寧に採取します。竹林が多くある九州は真竹発祥の地と言われています。

日本産極上漆使用

日本産の漆は希少で最も上質であり、耐久性、防水性、防腐性に優れた塗料です。天然塗料である漆は竹との相性が非常に良く、竹の内部に塗布する事で楽器の長期使用が可能になり、張りのある音に仕上がります。


歌口

エアリードを発生させる上で最も重要である歌口は、無理に唇を形作る必要がなく自然な状態で発音が可能です。”発音する事”に対するストレスが無い事で、より一層「音」への集中力が高まります。

内径

竹の響きを重視する為、節と指穴のみを削りながら抵抗と効率のバランスをとった内径。竹と人によって創り出される内径はまるで「声」の様に音を操る事が出来ます。竹本来の内径は奏者に人工物には無い竹との一体感をもたらします。


指穴

古来の十割法を独自に改良した計算式と竹材の個体差を「勘」で補正し、内径との関係を見極めながら調音と調律をします。

 

外観

自然の曲線美をそのまま使用する事により割れに強く、唯一無二の美しいデザインとなります。伸縮を繰り返す竹は、テグスを巻く事によって更に割れのリスクが軽減します。




TEL 050-5363-7720

©︎ 2018 IKEGAMI JINASHI